パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!


プロフィール

adio

Author:adio
パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!

あおのちばなー


リスト



リンク


検索フォーム


カテゴリー


最新コメント


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
14位
アクセスランキングを見る>>


↑押すと喜ぶはず・・・

人気サイトランキングへ


カウンター


サファテの為に

……どーしようかなー……
adioは悩んでいる、サファテの威圧感だ。
恐らくこれに感じての争点は大魔神佐々木を知っているかどうかに限る。

佐々木の存在を知っていれば、そこまでの威圧感はないとの結論になる。
がこのセーブ数から肯定派も多い。

防御率3点代でもある程度のセーブは出来る、ホールドだが防御率5点台の三上は25ホールド、案外ホールド、セーブそのものに価値がない。

比較対象
佐々木 威圧感確定
藤川 威圧感あってもいい。
岩瀬 威圧感はいらない。
サファテ …?

では本質
佐々木を肯定してサファテを否定する要素は何か…

ちと色々調べる
以下メモ
リリーフの日本シリーズMVP
セーブ機会のあった試合数(98 2017)
佐々木と同じ試合数での防御率
最多セーブ全員の防御率、失点数、敬遠数

どうしよう……


2017/11/07 22:38|査定・パワプロ・パワポケ雑記TB:0CM:3

査定論第三章-野手基礎能力 肩力



基準/定義
送球時の肩の強さ、完全イメージで控え選手でも肩だけはどんなに高くても
悪い査定にはならないと思ってる(最高峰まで持っていかなければ)あるが以下の決まりがある。

1.遠投や捕手の二塁まで何秒と必ず=ではない
2.スピードガンコンテストの球速と=ではない
3.前進守備からのバックホームは強肩レーザーとは認めない
4.刺殺はあまり考慮しない
5.映像判断や現地判断が大きい(ただし1プレーは考慮されにくい)
6.投手は球速連動(二刀流は別途検討)
7.捕手の場合盗塁阻止率とは非連動(年度で可変しない)だがある程度は考慮する場合がある。
8.セカンドで肩A以上を出すには原則サード、ショート、外野のいずれかをメインポジションとして守った経験が必要
9.ファースト専門はCまでが基本原則
10.元投手は少し肩が強くなる傾向にある
11.Sは単純な強肩ではなく、何かしらの理由が必要、そしてS同士で理由に強い弱いを付ける
完全に感覚のお話

とまぁ簡単なルールはある
いくつか解説すると
1.蓑田のように遠投が得意でなくとも刺すに充分な肩が備わっていると判断できればAとなる。
2.スピードガンコンテストと送球の距離は異なる、
もしスピードガンコンテストをあてにすればイチローの肩はBになる。
3.遠投しろとはいはないけど強肩集に前進守備で刺した映像があると少しこれは違うよなって思ってしまう

7や11の話をすれば
古田より自肩が強い選手というのは数多く存在すると思う。
が古田の阻止率を考えた時古田以上に出していい資格があるがあるのは
少なくとも阻止率5割以上を記録するSだというクラスの人達でなければ、その資格はない。

2017/11/06 22:00|査定論TB:0CM:0

ほろびのうた

さぁユニフォームを着るぞ!!関内へ!!
この日の為色々準備しておいたぞ?レジャーシートと養生テープ、本を一冊に・・・
18時半だからな昨日の様子だと11時半には向かわなきゃいけないんだよね?



おかしいな、やっぱ人気の無いブログはダメだな・・・
募集したのに人が集まらないなんて・・・
まぁ今日は第7戦のPBだ・・・
今日勝って日本一になるぞ・・・・

slogan2017.png

う・・・なんだこれ・・・この文字から声が聞こえる・・・

ウグモリダイダサヨナラマンルイホームラン、
ウグモリダイダサヨナラマンルイホームラン
ウグモリダイダサヨナラマンルイホームラン
ウグモリダイダサヨナラマンルイホームラン

精神

がっ・・・・別のトラウマスイッチが入ってしまった・・・

ちなみに↑今月のテニヌらしい、対戦国の宗教国家がほろびのうたで精神攻撃して精神崩壊・・・
やっぱテニヌってすげぇよ、心を閉ざせば大丈夫とか・・・それより素人目に分かる作画崩壊と言うかラフ画が話題になってるが・・・
ホント野球好きで良かった

そうかベイスターズ負けたのか
砂田のアレ
最終回の送球逸れで併殺完成せず
最後の梶谷のアレも不運だ
あれはサードコーチャーが悪いのに・・・よく回したなホント・・

よく頑張ったようん・・あパブリックビューイングのフラグはKHANからスカイプでお説教されましたw
フラグたてんなと・・・その他煽りの電話等もございまして・・・うん精神崩壊してたんです。

このまま関内行ったらベイスターズのコスプレだった

仮装


FC2 トラックバックテーマ:「もうすぐハロウィン!仮装はしますか?」



11月は5だというのにまだこんなテーマで記事書いてくださいというFC2ブログ・・・

一応今日このテーマをもとに記事書いてるからね?記事を軌道修正するのも大変なんだよ?案外
ちなみにこんなタイミングで遠路はるばる大学の時の友人が福岡からやってきているらしいので会いに行った。
ウチの部九州人は多かったからなぁ・・・(会いに来たってより時間がお互いあったから会うって感じ)

というわけで
ふるさとフェスタ

赤レンガで全国ふるさとフェスタなる催しが開かれていたので誘ってみることにした
桜木町駅集合。



や~るんダ!勝つん~ダ!超えるんダ~♪


う・・・・なんだこの精神をえぐるメロディーは・・・・



東京MXなり九州側でホークス戦みた人は分かるはず・・・
個人的に好きなCMではある

ちなみにそのふるさとフェスタだが存外飲食店が少なく、
しかも大半が球場に来るようなワゴン車販売だった、あれならどこにもあると思うので中華街に連れて行った。
ちょっと残念だったな・・・


京華樓 (キョウカロウ)

という店がadioのお気に入り、ボリュームが多くマーボー豆腐も辛いけどおいしい(痛くない)
caption.jpg
あ、画像拾いです、別にインスタ映えとか求めてないんでw


ちなみに有名店四五六菜館では現在
ベイスターズのグッズを持ちこむと10%引きとなっております。

四五六

詳しくはホームページをご覧ください(何このラジオ的宣伝w)
https://www.456saikan.jp/%E6%A8%AA%E6%B5%9Cdena%E3%83%99%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E5%89%B2%E5%BC%95%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/

やっぱコスプレしてくんだったw
いっけねベイスターズのファン感で飛雄馬のサイン貰う為に買った牡丹園5500円分の商品券の期限が近い・・・(5000円で商品券とサインを買いました、今年はどうなるのか・・・)

また中華街行かなきゃ

2017/11/05 22:07|日記TB:0CM:0

査定論第三章-野手基礎能力 走力

走力

定義/基準

9割イメージ、大きな定義は存在しない。
とはいえ基本的に50mをほとんど考慮していない。
そんなもので考慮したら若手はほとんどAくらいの能力もって入団してくる。
あくまで実績を出す為の力という定義は他の能力と変わらない。
いくら潜在の足があっても試合で発揮できなければAにはならない。
感覚的にCくらいになる。

考慮する材料に
守備範囲(守備走力)・バントヒット、内野安打、走塁、盗塁、評判(実況や解説、生の声)、こういったものを総合的に判断する。
この為実際の身体能力とかならず一致するものではない。

例トレーバーに大石が追いつけないからと言って
トレーバーの走力はAとか大石より早いなんて話にはならない

例2 ○○選手より速かった談は加味しない。
ドミンゴ

さすがにドミンゴを荒木以上にはしない(ただドミンゴの走力はある程度考慮する)

例3 元巨人藤村は50mが速いことでS94という査定を公式が行っていたが
あのような査定は決して行わない、特に2軍にずっといて5年たっても球界最速値
を保っていい道理はない

例4.福本の身体的足の速さ球界最速ではないが実績から必ずSになる



また身長や体形は考慮しないが外人ホームランバッターがE~Fになりやすい傾向にはある。
太ってると足が遅いは=ではない。

また内野安打、走塁、盗塁はそれぞれの特殊能力の範囲ではあるが、
基礎を多角設定し、特殊能力を付けない場合も存在する。

2項.変化

覚醒や怪我(もしくはその復帰過程)、加齢による大幅の増減は存在するが
基本ベース能力からの変化はなく特殊能力で調整するのが望ましい。
またイメージとして29くらいから加齢に伴い1年に1ずつ走力が下がるようなゆるやかな下降が理想
(ただし年齢=必ずしも走力が衰えるケースとも限らない)


3.代走要員
代走のスペシャリストは高く評価するが、
ただ50mの速い代走というだけでは高く評価しない

2017/11/05 08:21|日記TB:0CM:0

パワプロ風査定2017年 巨人

パワプロ風査定2017年 巨人 投手・野手完成

投手
巨人投手


巨人投手2

野手

2017巨人野手


2017巨人野手2

各種解説
マギー・・・欄内に収まりきらないのでのちほどピックアップ査定を出す

坂本勇人
積極守備は付けない
これがadioの自信を持って査定をする点です。(アンチ査定と否定されない為に以下が理由)

のちに査定論に出てくるが積極守備ってのはただのダイビングだ。
坂本の守備集を見たが公式が守備職人を付けた気持ちが分かった気がする。
坂本の近年の守備動画を見るとランニングスローの映像が増えている、また全体的に好プレー映像が減っている。
これを見て出た結論は守備が格段にうまくなっている

守備集が減った=積極的ではない
という意味ではなく
守備集が減った=スタートが良く難しい球を普通にさばけるようになっている(飛びつく必要すらない)

と捉えてもらえばいい、これは積極守備ではない、むしろ付けたら今の坂本の守備を評価したことになっていない。
送球にしてもそうだ雑なあの送球がうまくなっている・・・
これは守備Aもうなずける・・・

では何故守備職人は付かないのか



こういう解説が絶句し、観客がザワつくレベルの状況判断と送球が出来て初めて職人技と呼べる。
坂本にしか出来ないという守備が存在しない、似たようなプレーが今宮でも不可能ではない。
こんな守備坂本にしかということがあってから守備職人が付く。

まだそこまでの+αじゃない
また盗塁は本来ギリギリF範囲だが基礎走力を考慮しE。
坂本はBの中盤以上の俊足ではなく昔から68~72くらいだと思っている。


阿部慎之助・・・キャッチャー排除、守らなくなって二年、ギリギリサブポジで残すことも出来るが、
恐らくもう身体的に引退試合でもない限り守らないだろうと見込んでのキャッチャー削除、
もし万一来年守ったら復活させる、阿部は打者阿部でありもうキャッチャーではない。
それを捕手として守らせるという選択肢を残すってことはファースト阿部慎之助を認めない、
今の(強調)阿部慎之助を見て査定しているという事にならない。

亀井・・・サヨナラ男
本来3打が基準だが、間違えなく付ける
敬遠3度の例のサヨナラ本塁打のことは一切査定評価に含めていない
注目すべきは通算サヨナラ本塁打が本塁打数に対して非常に多いという点。
駒田と理屈は一緒、むしろ金特将来的に出せると見込んでのサヨナラ男


小林・・・WBCやオールスターなどでの活躍を評価しお祭り男付き、
またキャッチャーとしてもやや成長を感じる為FからEに上げる、
2016からの査定で一貫しているが小林をキャッチャーCにするのは阿部に失礼。

投手
澤村・・・ケガG「科学ノ発展二犠牲ハツキモノデース」

菅野・・・ピックアップ査定、こちらをご覧ください

畠・・正直ここの感覚の使い方が公式と同意だったのには驚いている
生で見てストレートはそこまで凄いと思わなかったが、緩急主体のピッチングだと感じた。
変化球のあとのストレートが良く効いている、ノビCで緩急や奪三振でノビを足していくイメージ

マイコラス・・昨年からキレるシーンが連想されるが短気不要、小林が悪い。バーネットとかとは違う。いい人

山口俊・・査定基準を無視して感覚だけでガラスのハートを付けた、
理由はご存じクソメンタル、正直事件とかじゃなくても付けてもいいくらい、簡単に泣くし・・・

カミネロ・・ここまでの球速が出てるとは知らなかった、変化球基準表守護神球速ルールに基づき変化球-2
しかし球速ほど数字が脅威じゃない、ノビFで。



当方アンチ巨人の為、査定に偏りが出ないよう細心の注意を払いましたが
それでも巨人のことを隅から隅まで理解しているわけではございません。
査定に納得がいかない場合喜んで査定向上の為に意見を取り入れますが、
それなりに理由を問う場合があります。



モットーは
コミュ

ですから


2017/11/04 19:13|年度別球団査定TB:0CM:3

どうして教えてくれなかったの!!

久々にプロスピAをやってみると(1年ぶり初期化)



ぷ、プロスピのアプリにサムソンリーがおるww
KONAMIさんマジで神だわ。





髪短い!



こんなデニーとか森慎二の髪型じゃない!!
短すぎる!(プロスピ上これ以上の長さ無いのは知ってます)
もっと長いし99シーズン終了時なら髪の色違うし!





サムソンリーの持ち味は牽制だよ~(><)

こんなのサムソンリーじゃない!!
サムソンリーはもっとロックだ!

やっぱ公式ってクソだわ、もっと髪伸ばさなきゃサムソンリーじゃない!!

ってか読者さんの中にプロスピアプリをやってる人はおらんかったのか?

これイベント期間中だけ手に入れてるんだけどさ、なんで教えてくれなかったのさ!(´;ω;`)

イベント期間終わったらこのエースは消えてしまうんだよ!

うぅ(´;ω;`)サムソンリーがぁああ…

ちなみに、もう時期パワプロアプリにも復活しようと思ってます、多分復帰招待的なのあれば受けます。

(それよりアカウント復活手続きしなきゃ)



2017/11/03 19:04|野球TB:0CM:0

I☆YOKO……

さてファンクラブに関する記事を絶賛執筆中。

そんな中今年もやってきたファン感謝デー。

昨年の悪夢はありましたが、今年はどうでしょう?



ふむレジェンド戦の次の土曜日か…

ん!?

開催球場…


横須賀スタジアム!?


……そうか二軍と一軍分けるんだ…
※実際暗黒時代は分かれていました。

えっ違うの?
マジで?マジなの?
アホなのか?

昨年のファン感(キャパオーバー)を反省した結果
開催球場が狭くなる!!

アホなのか!?アホなのか……

スカスタ本体はまだいい、キャパ減ったのはまだいいよ?良くないけど問題はあれよ?
どこに外のブース出すスペースあるんじゃ!

隣のグラウンド使うのかね?じゃあどうやってそのグラウンドとスカスタに選手出し入れするんじゃ……
ってか駐車場とかどうする気じゃ…

なんだろう本当のファンならスカスタくらいこれるよね?みたいなのそーゆーのやめろやw

個人的に近くになったし、ハマスタ騒ぎたい勢か排除出来るけどさ…

交通の便悪いし
ハマスタに工事に入るから?なのかもしれないけどさ、だったらアリーナでもパシフィコでもあるやんか~…

なんなら日産スタジアムでも借りればいいと思うんですよ

そこでねマリノスファンを取り込みI☆YOKOHAMA(アイラブヨコハマ)のもとね、両スポーツの発展を願う地域密着ファン感謝デー、東京オリンピックに向けてサッカー、野球開催球場の街横浜を盛り上げよう!

我ながら完璧じゃね?

I☆YOKOHAMAどこへ行ったw

荷物をまとめてそのまま横須賀へ…

スカスタなら入場料とるなよ、ホントなんの冗談?

ねぇ~上の階の人近いよどーよ?

2017/11/03 16:47|日記TB:0CM:0

打てぃ、打つんだ、ジョー

51dd8e99-s.jpg
ジョーー!!!

なんて盛り上がりがら日本シリーズを見ているこの頃



あおのちばなー


さてさて、そんな中青の血の進化新バナー計画が進行中のはず
↑のような画像が最近ブログに使われてるのはご存じだろうか?

もちろん従来のやつも使うけど新型が来たら新型も使う予定だから
今KHANにも依頼をしてある。(随時色んなところから募集)

なんか野球っぽいので頼むとリクエストを出した結果
スターマンってどうだっけ?

とほぼ見ずに?1分少々で書き上げたのが白目だった上画像のスターマン

KHAN「(達磨みたいに)勝ったら目入れるかw」と片目を入れる

そんな画像をよそにskypeしながら、まぁ任せたよ、なんて言いながら雑談してると・・・・・

adio「なんかこうずっと見てると丸っこくて片目だと丹下段平みたいだなw」
20070330a01.jpg

adio「よしその目眼帯にしてみ?」

とまぁこうしてるウチにあれやこれや不良っぽくして書いたら
上手い下手は抜きにしてこれはこれで味わいのある作品となったw

adio「本編(トップ↑)には使わないけどこれ採用!!w」

という感じで面白いので採用した

正直このレベルでも構わないので面白ければ採用しますw

そんなボクサースタイル?で昨今査定をバトったわけです

とにかく指標見ずにあの判定のあとから試合が終わるまでに急いで仕上げなきゃと思ったので
正直テキトーでした。

そこに適当でしょなんて図星なこと言われたけど争点が全然論外だったので
倉本へのイラつきからあんなことになったわけです、3000字の査定論ってのは
本当に頭ん中の基準でしたが、あれをあのタイミングで形にしたのはうん。
そういう感じ。

査定がテキトーとか言われたら、ちょっと火がつきます

これがボクサースタイルです、ってことでこじつけの後日談でした

2017/11/03 12:05|野球TB:0CM:0

査定論第三章-野手基礎能力 パワー

パワー

1項、定義・基準
定義として飛距離≠パワー、基本的に本数(本塁打数)=パワーの構造。
厳密にはS,AとB以下で考え方が分かれる。
S.A本数を出す力+αの例外事項
B以下、ある程度の本数、潜在的能力、中距離打の兼ね合い。

よく看板直撃弾を見てこいつはパワーAだとかいう人がいる。

例 ニエベス

この看板直撃や場外弾という一打を安直にパワーとはadioは考えない。

理由としてその一打は複合要素の為一概にパワー値ではない。

パワプロとしてその一打が生まれる要素は

選手の調子、場面に応じた特殊能力(チャンス、満塁、対左)
チーム内にムード○や勝ち運を持っている選手がいる
相手投手の失投(球種、球威(軽い球などを持っていないか))
芯かそれ以外か、風はどうか?

などの複合要素から生まれる
勿論全て考慮してパワーを決めろとは言わないが、
同時にこれだけの要素が存在するということを忘れてはいけない。

また潜在能力を元にこの選手がこの選手より低いパワーであるはずはない。
との批判も来るがこれも考え方が単純ではない。

潜在能力はあっても
仮に本人が打率を意識し軽打主体のバッティングにするという宣告があり
本塁打数も発言どおりであるならばそれは反映させなければならない。
だからこそパワーは可変能力なのだ、
例外事例に山崎武のスパイク忘れエピソードのような場合があるということも有り得る。
これを潜在でやってしまうとパワーBやAという査定になってしまう。

潜在的にパワーAの選手はいくらでもいる
その人達にAを出すことは簡単だがAを出すということは
それなりの結果がパワプロとしては出てしまうのです。

山田哲人曰く自分はパワーヒッターではない、
またトリプルスリー初年度ホームランとヒットならばヒットを優先する旨の発言している。
(れい&ゆいの文化放送ホームランラジオ!11回より)
87dame.jpg

否定

が結果的にあれだけの本数を出しているということは結果的にパワーを上げざるをえない。

山田哲人を潜在パワーAの打者が上回るようなことがあるならば
成績に逆転現象が起こってしまう。

それはadioの基本理念に反する。
あくまで本数がベースとはそういうこと。
余談ではあるがadioの査定では該当年度の山田哲人は84となり
公式の87と本人要望82の中間をとっている(数字上)


2項.S.Aの構造

パワーS・Aは上記1項定義から本数と同義とする。
基準はパワー基準表を参照
ある程度は本数で行くのは分かるけどホームランこそ飛距離という方もいるだろうが
この真逆がadio、パワーA以上こそ本数を採用する。

というのもこれは野球であり飛距離を飛ばす競技ではない。

筒香のヒーローインタビューに代表されるが
アナ「もの凄い飛距離でした、打った感触はいかがでしたか?」
筒「ふつうでーす」
というのが球場名物と化している。
この普通という真意をたまにヒーローインタビュー内で語るが、
柵を越えたら全部ホームランでなので関係ない、飛距離よりチームの為に打てて良かった
という旨の発言をする。

まさにその通り、野球は柵超えれば等しく本塁打である。
大打者の中には、本塁打になるような打球を打ったと発言する打者もいる。
原理は同じ柵超えれば一緒。

だから球場の広さも考慮しない
狭い
球場が狭い=飛距離が全部90m弾のホームランなのかということです


となればパワーとは安定して本数を出す力と捕らえるべきだというのが
adioの査定論である。

ただしいくら複合要素とはいえ、
本数では表せないパワーを偶発的なものでなく、平然とやってのける打者がいる。
これが本数+αの存在、代表例が数々の西武ドーム場外弾、天井段を打つカブレラである。
ラビット(高反発球)だからとかいう人もいるがそれにしても異質だ、
当時王貞治を抜くのが暗黙のタブーだったこともあり、記録以上のパワーが伺える
王=ローズ=カブレラには決してならない、そこで初めて例外規定を選定し
本数に付随させるのが飛距離や連続本塁打王という概念である。
これらはあくまで説明が付かない場合の例外であり基本とは言わない。


3項 B以下の能力

A以上は本数なのにB以下は何故本数を完全採用しないのか

答えは柵より手前の打球の価値は均等ではない為
たしかにある程度は本数を意識するが、
右中間に落ちるツーベースとライトの頭を越えるツーベースとライト前のツーベース
では全く意味合いが違う。

本塁打と違い足との兼ね合いもあるが
一般的に
外野の頭を越える=長打確定
外野手の目の前=単打確定

とパワー=本塁打以外の長打に基本は直結するもの。

という考え方

3項.各パワーのおおよその捉え方

弾道との兼ね合いあり、A以下イメージ

S・・パワー基準参照
A・・パワー基準参照
B後半・・Aに届かなかったが充分な長打力がある打者、20本以上
B前半・・本塁打15本以上程度から可能なライン
C後半・・12~14本 Bにはしたくない抑制値で使うこともある
C前半・・9~11本中距離打者、二塁打とかが多いイメージ
D前半・・5本から9本まで
E後半・・パワーのある新人打者
E前半・・2~4本くらいの打者
F・・打撃のうまい投手、本塁打が無い(ある程度の打席数が必要)
G・・一般的投手、数年連続本塁打無し

というなんとなくのイメージ
SA以外は必ずしもこのイメージに該当するものではない

2017/11/03 10:21|査定論TB:0CM:0

査定論第三章-野手基礎能力 メインポジション・サブポジション

メインポジション/サブポジション

1項 定義・基準

選手に適正(強調)があるポジション
査定基準として年度別査定が大半の為
その年度の公式戦が査定が基本となる。

もっとも多くの試合守ったポジションがメインとなり、
その他の適正ポジションはサブポジションに分類する。
また前年度15試合以上の出場があるポジションがある場合、
該当年の出場がなくてもサブポジションに該当させることが出来る。

アマチュア時代に守ったや過去守った経験があるは原則対象外。
オープン戦、国際戦、オールスターのポジションは適正対象外。
CS、日本シリーズで守ったポジションは適正対象となる。
多くの例外が存在しまた見た目(緑、青、黄)も考慮する場合が時としてある。

2項 例外

(2-1-1).1試合だけ守ったサブポジションについて
サブポジション=適正の意味する為
サブポジションに含まれない場合が例外の原則
理由として采配上のミスや遊びの場合がある為
またサブポジションとして定義しなくても
適正外で置くことで成立する、

適正外が誤解されやすいが
守った瞬間フリーズするわけでもない、
絶対エラーするようになるわけでもない、G.G.佐藤みたいにはならない。
守備能力(守備、エラー回避)が下がるだけ。もっと適正外を有効活用するべきだと思う。


例、青木のセカンド、谷繁のファースト

この方が見た目はよくなる。
時として人生で一度も守ったことが守った=サブポジション!!=適正
という風潮が嫌いだ、何もサブポジションを付けないから守れないというわけではない。
今でこそ適正レベルが存在するが、適正レベルに当てはめなくても守れる

谷繁の場合を例に挙げると
落合「アイツファースト出きねぇか?」
森繁和「出きねぇことはないだろうが・・・」
で本人びっくりファースト出場なんという気まぐれが適正であるわけがない。

野球選手=どこでも守れるわけじゃないのは分かっている。
だからこそ1試合守ったということは想定外の使われ方ということで、
適正を外すべきではないだろうか?
1試合使われるってのはそういう意味じゃないかと思う。

(2-1-2)、(2-1-1)の例外について
例外規定にさらに例外が存在する
名手が1試合守ったポジションについて、
例荒木雅博がショートを1試合守るこれは適正を付ける
この線引きは感覚だが、結局のところ適正外以上の守備力を要するかどうかが争点である。

同様の理由でたまたま一試合守ったポジションで球史に残る守備をした場合適正とする。
ただし、ただダイビングすればファインプレーというものではない。
高木チェック級に厳選に査定する。

引退年に1試合だけ元メインポジションを守る場合
適正として加えることが出来る、引退年の出場試合数にもよるが
元メインポジションをそのままメインポジションに使うことが出来る


(2)コンバート

(2-2-1)コンバートについて
野手転向、投手転向、ユーティリティープレーヤーは含まない。
コンバートし完全に元のボジションを守らなくなった年度の場合
前年のメインポジションをサブポジションとしてつける事が可能である。
ただし翌年も元メインポジションを守ることが無い場合サブポジションから外す。
翌年がベンチ専門を除く、年間出場が50試合以下の出場の場合、さらに次の年も検討対象である。

(2-2-2)明らかにコンバート失敗の場合について
荒木、井端の二遊間のコンバートのように世間から見て、
明らかにコンバートが失敗している場合、
メインポジションをコンバート前のポジションとし、
コンバート後のポジションをサブポジションとする査定を可能とする。
ただしコンバート年のみ有効とする

(2-2-3)捕手のコンバートについて
捕手のコンバートは他のポジションと違い守れない=キャッチャー能力を失うという点から、
最後に1試合でも捕手を守った年の翌年以降二年間出場が無くても、
捕手としてサブポジションを維持できる。
なお本項目は捕手を守った年がある地点でリセットされる。


1991 捕手出場あり
1992 捕手出場なし(サブポジ可能)
1993 捕手出場なし(サブポジ可能)
1994 捕手出場あり(カウンターリセット)
1995 捕手出場なし(サブポジ可能)
1996 捕手出場なし(サブポジ可能)
1997 捕手出場なし(サブポジ捕手失効)

本項目に登録、二軍経験、第三の捕手の概念は含まない。
ただし年齢や身体上の理由で捕手を守るのが困難と思われる場合本項適用外。

(2-2-4)コンバートの成功について
コンバートが成功したと思われる場合には(2-2-1~2-2-3)を該当させない。




(2-3)ユーティリティプレーヤー(二年以内に4ポジション以上出場経験有り)に関して
所謂ユーティリティープレーヤーとされる選手は捕手を除く
ポジション経験が最後に1試合でも守った年の翌年以降二年間出場が無くても有効となる。
なお自称ユーティリティープレーヤー(元中日セサルなどは含まない)
またこの二年以内4ポジション以上はコンバートした場合はカウントされないケースもある

(2-4)DH専門や守備機会1試合以下の選手について
前年度までに1軍でのメインポジションがある場合それを該当させる。
また後年メインポジションとなるポジションが存在する場合、そこに該当させる

これらが存在しない場合、二軍、アマ、海外の経験を考慮する。
この時選手登録(内野手登録・外野手登録)はあくまで考慮材料であり、必須ではない。
サブポジションは存在させない。(2-1-1)と合わせて査定することが可能

例ナイジェル・ウィルソンはDH専門でファーストがNPB通算1試合のみの出場の為
ファーストをメインポジションとはカウントせず外野手をメインにすることが可能である

(2-5)1軍出場が1試合も無い選手について
守れるとされるポジションを該当させることが出来る
1軍に上がった地点で1軍の守備機会を優先し2軍時代のサブポジションは
残さないものとする。

この時捕手登録選手が1軍で(2-4)項の状態になった場合
(2-2-3)項を該当させることが出来る


(2-6)聖域について
年間試合フルイニング同じポジションを守っている選手がいる場合
該当選手は前年のサブポジションを排除することが出来る。
主に該当ポジション守備が下手なのに使われ続ける場合を指す。

またフルイニング同じポジションを守った選手かいて尚且つ
(2-3)のユーティリティプレーヤーに該当しない場合=
年度に聖域該当者以外に該当ポジションがいない場合、
聖域該当者以外に過去の1軍実績や二軍などの経験を考慮の上
サブポジションをつけることが出来る(人数2人程度)

例 2017 DeNA 倉本
聖域規定によりサブポジション排除
(そもそも前年度がサブポジ出場試合が15試合以下の為、
1項の定義・基準でサブポジションが付かないに該当する)

このままではショート該当者が1人の為
セカンド柴田にサブポジションをつける事が出来る。

(2-7)特定人物ケース
かなりレアケースの為人物名での紹介。

(2-7-1)木村拓也
単刀直入に言えば2009年の木村拓也については捕手のポジションを該当させない。
理由は一般的に(2-1-2)の球史に残る守備をした場合適正とする。に該当されるとも取れるが
(2-1-1).1試合だけ守ったサブポジションについてに該当しなお且つ
(2-2-3)捕手のコンバートについてに該当しない為、
最大はあれは采配ミスから生まれた結果であると個人的に判断している為
サブポジ付ける=捕手としてCOMないしプレーヤーが適正として使うことを意図する。
それを前提として付けたくはない、あくまで采配ミスで適正外を守らせ木村拓也が頑張った。
(2-1-1)と共通で適正としなくても守ることは出来る。

(2-7-2)五十嵐章人について
特例として1995年以降全ポジションにサブポジ適正をつけることが出来る
いわばサブポジの金特殊能力化、もちろん2000年は投手適正外で投手能力を付ける事

2017/10/30 22:06|査定論TB:0CM:0

パワプロ風査定倉本寿彦2017

倉本

全国のみなさんが日本シリーズ見て頂いた通り、プロとしては最悪の守備です
肩がいいと勘違いされますが弱肩です。
うまいと称されるのは正面の球をうまく送球するからです。

走力C・・本来E~D
ところがこれではあまりにフル出場のショートの能力に理由が付かない

しかも足が遅ければ打球に追いつかない
倉本の守備は圧倒的にスタートが遅い追いついたのにセーフになる
実況に倉本よく追いつきましたが・・とか倉本懸命のプレーとかいう風潮を再現するにはこれしかない

この査定の為に球場に行きプレイボールからずーっとショートだけを見た試合もあった間違えない。
ポジショニングもそんなに変わらない

彼は
踏ん張って投げる
捕球
打球予測

そんなものは全くダメです。
とかく倉本ファンはファインプレーを持ちあげますが

正体

あんなの高木チェックに出すまでもない

追記
満塁男を検討中
争点はチャンスに強い=満塁にも強いという風潮
ここに関して査定論がまとまっては無いが付けてもいい気はする・・・
打順が打順というところは気になるのだが・・・・

2017/10/29 22:31|パワプロパワナンバー・査定関連TB:0CM:8

クライマックしゅ くにゃいまっくしゅ クライマ クラ クラ クラ くくら クラ クラ くくらら☆クライマックス!

ちっきしょーなんでベイスターズ負けてんだよ!!
白ワイン!!(\398)やっす・・・・

クライマックスと何が違うんだ・・・
クラ クラ クラ くくら クラ クラ くくらら★倉本!!
ゲスト解説の坂本なら今のまともに処理したよ・・・・・
投手力なんてあるわけないとはいえ酷い!

結果に対して先の記事で受け入れろ
なんて言ってたやつか?こいつ?

自軍が負けそうになったら結果受け入れないのか!?

o0480036011526766808.jpg

ノゴロー理論。

とりあえず3位が1位とやるからだとか戦力差と言いますがね?
関係ない、サッカーみたいに格が下=格上が負けるのが恥なんてスポーツではありません。
あくまで優勢に見えるかどうかで負けても恥ではないです
そんな理論が通るなら今期の東京ヤクルトスワローズは143敗しています。

単純に打撃陣が振るわなかっただけです。
投手が打たれた?防御率を見なさい、当たり前です、うちの投手陣が継投ノーノーでもやってくれるとでも?
井納と千賀で投げあった地点で打線の5点くらい援護なきゃ厳しいでしょ?
試合というのは複合要素が絡むだろうが、個人の結果は個人の責任なわけです。
投手が不利なら野手で取り返す、取り返せたら戦力差なんてのは関係ないのです。
それが出来なかっただけです。

はい、今日記事多いね?
だいたい記事多い時って情緒不安定です。

見れば分かるって
勝ちたいんだよ~。・゚・(ノД`)・゚・。

あぁ泣き始めた本当に不安定だ

2017/10/28 22:40|野球TB:0CM:0

オーペナ逆輸入

先日のオフ会でカメハさんがadioの査定のブランコを作っていただいたので、部屋の掃除片手間にオーペナを回してみた。

ざつぅwちなみにadio査定はこちらペナント専用能力以外忠実に再現していただきました。



参考映像資料は2014/9/23 17号逆転サヨナラ2ラン
もちろんこの一本だけではないがこの弾道を再現する為に弾道を2にした

結果
fc2blog_20171028161258d30.jpg

fc2blog_201710281613201ff.jpg

fc2blog_20171028161338a3f.jpg

実際 オーペナ結果
試合数85:122
打率.283:.278
本塁打17:14
打点60:77

試合数の差はあれどある程度近づけることが出来た成功だろうな
正直三振付け忘れてるが(査定ミス)、まぁある程度は近いという事で

オーペナ結果は査定に含まないけど
実際オーペナで近い成績出るなら査定はあらかた正しいと言える。


2017/10/28 16:53|査定・パワプロ・パワポケ雑記TB:0CM:0

今更決定に異を唱えられても困る

CS突破日本シリーズへDeNAベイスターズ進出・・・
正直あまり大きくは喜んでいません。

シーズン順位が順位だから・・・・
だが進出したからには仕方ないと思っている。

10月24日、
この日6時半には会社を出た、松屋行って牛丼を食べていた
この時カープリード。まぁそうだろなと思っていた

電車が東神奈川に着くころ、あろうかとかベイスターズがリードしていた
ここで状況が変わる

これがKHANとやりとりである
fc2blog_20171028114811307.jpg

横浜駅辺りで一度諦めるも桜木町を過ぎたあたりで気持ちが変わる

CS制覇・・・
優勝ではない
まして3位のチームだ
優勝した時に価値がある
ただ19年は見れないかもしれない
ハマスタは既に満席
場外なら?

頭の悪いadio
頭の悪い

まもなく関内、関内、お出口は左側です

19:32 adio「なぁ趣味とはなんだと思う?」

・・・・・関内・・・関内・・・ご乗車ありがとうございます
まぁその返信は必要ないか・・・・

19:32「答えは義務だ、行くぞハマスタ!」
ほぼ同時にKHANが回答を送った。

しかも正解であるw

ここにいる、スタジアムの側にいながらその瞬間を見逃すことは許されない・・・
なら行こう・・・・

fc2blog_20171028114822fed.jpg

既にハマスタは入場規制かけてた、
外野と芝を解放するなり外にモニター置くなりすればいいのにそういうところでここの現場は相変わらずヘタクソだ
結果スタジアムの通路のモニターを入れなかった人で観戦する事態に・・・
fc2blog_20171028114818f26.jpg

その数こんなもの
fc2blog_2017102811481455e.jpg

時折電話もかかってきた
adioはCSに大反対だ
しかしなぁ・・・例えば
目の前に3億円をつかむ権利がありますって言ったらそりゃ掴まなきゃ
だろ?

これがadioの答え

adioは元よりCSの制度自体に反対で、レギュラーシーズンの価値観が損なわれることや
10.8決戦のような奇跡の試合がもう生まれないとなるとこの制度には反対だ
こうなることなんて予想が簡単に出来た、斉藤和巳が崩れたあの頃から・・・

査定で基準を作る時例外を先考えるのが基本だと常日頃adioは言ってる

この場合

首位が143試合全部勝ってもCSというものを存在させるかといことを真っ先に考えるべきなのだ
または3位との最大ゲーム差を真っ先に考えるべき。

それを考えなかったから讀賣が制度変えろってダダこねて1勝のアドバンテージが出来るわけです
それから何年経った?ロッテが下剋上しても制度は変わらなかった。

それが何を意味するか考えたことは?

答えは一切の例外を認めないってことだ
言わば「局中法度」同然なのだ、もうこの制度は廃止して欲しいなんて思ったって引き返せないところに来てるんだ。
それでもいいって判断してるからNPBはこの制度を廃止しないんだ。

おかしい?諦めろ
おまわりだって事件が起きなきゃ動いてくれない、
役人ってのは利益があればリスクを一切考慮しない生き物だ。

制度の例外なんて連中は知りえない、
事が起きてから騒ぐような馬鹿しだからしょうがない。

もう戻れないんだ?諦めろ

それ以上に賛成派だ・・・

賛成派も廃止しろってやつは代案だせだのなんだの?
興行が堕ちるだの?

興行?まず野球中継を地上波でちゃんと放送してから物言いなよ。
ファン獲得に努力してますか?20年前と比べ地上波の放送枠はいくつの差がありますか?
このCS最終戦は神奈川の地上波のどこで放送してました??

消化試合となろうともって努力なんてこれっぽちもしてこなかった・・・・
その結果がこんなアホな形だ、こんな制度をまともに賛成するやつらの方がどうかしてる

ただ傍観することしかできないなら黙って見てるしかない。

結果は起こる前に予想するもの
結果が出てから騒ぐものでは無い。
反対にしろ賛成にしろ争うこと自体が無駄、
ファンの意見があったらCSなんて誕生してない
制度があるってことは聞く耳持たないって話、
受け入れろ。


2017/10/28 12:41|野球TB:0CM:1

査定論第三章-野手基礎能力 ミート

ミート

1項 定義・基準

ミートカーソルの大きさ
可変能力の為年度によって変更する
査定基準打率を基準にする
現公式と違い対右投手打率という捉え方はしない。
また当てるのがうまい等のイメージは一切考慮しない。
ボールは考慮しない。


2項 規定打席との関係

逆転防止の為旧来規定打席を考慮し厳選に査定を行っていたが
そもそも規定打席未達成者(主に200打席以下)が規定打席以上の打率を残すケースの方が
全体で見てレアケースになっており、規定打席未満の選手の自由性を損なう可能性があるので
最近その辺りはあまり考慮していない。

打率144試合.200の捕手と50試合.260のセカンドがいたとして
両者のミートに逆転が起きてもしかたないと思ってる。
これが規定打席同士なら話は別
控えが控えになる理由を最近は模索している。



3.項 打率の最低保証

二軍はほぼ一律の数値で行っているがこれに関して正しさはない
むしろ二軍においては感覚査定派の方がいい査定になていると思う。
あくまで1軍の実績を元にした基準が招いた結果で
基準重視査定の弊害である。

また5打数0安打=基準に従いミートG1にするという点について
一般論として30打席くらい立てば一本はヒットが出るという見解だが
adioの査定の中では例外が王道であり、2017ロッテ岡田参照
30打席立ってもヒットが出ることを保証するものではないという点から
1打席でも1軍に立った選手のミートの最低限は保証しない。

問題点は1軍に上がったが故に最低限保証の選手よりミートが低くなる点だが
控え選手についての自由性は難題としている。
特にミートとスタミナ コントロールがこの点に含まれる。

4項 首位打者特別ルール

由来は二年連続首位打者鈴木尚典の救済策と
公式2003今岡.340と井口.340の関係性に由来するルール
反公式としては珍しくこのルールで阪神査定と言われた公式を正当化することが出来る
打率.335~339で首位打者を達成した打者のミートをA80にするというもの
年度内にAの打者がいない時の為の保証制度、リーグ違いには適用しない
旧基準表に記載してあるが


ケース1
セ・リーグ
.336首位打者 ルール適応
.335打率2位 ルール適応外

ケース2、ケース1の時のパリーグが
.340 首位打者
.339 打率2位 ルール適応外

ケース3 同率首位打者の場合
どちらもルール適応



5項  補正と首位打者の値

途中故障に伴い首位打者濃厚の打者が規定打席に到達しなかった場合
ミートの値は首位打者を超えないものとする。
なお50打席未満の規定打席非到達の場合はこの項を該当させない。
その場合4項首位打者特別ルールも該当させないものとする

具体的実例 2017日ハム近藤 首位打者秋山の関係

2017/10/28 00:06|査定論TB:0CM:0
Copyright(C) 2006 青の血の進化_∞ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.