FC2ブログ


リスト



リンク


検索フォーム


カテゴリー


最新コメント


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1267位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
72位
アクセスランキングを見る>>


↑押すと喜ぶはず・・・

人気サイトランキングへ


カウンター


二段モーション解禁

申告敬遠制度と二段モーションの解禁が発表されました
この制度変更に対してadioは内容はそんなに気にしてません。
というのもね?申告敬遠がどうとか二段モーションがどうとかいう低次元の話じゃないんですよ。
もっと本質、ルールを変えるという事に対しての対応が問題なんです。

野球の審判は個人の裁量の競技です、
審判の技術向上無くしてはルール変更が意味を成さないし、
制度を導入する人達がその意義について真剣に議論していないんですよね。
そんな状態でルール改変することってどうなんですかね?

会社に例えてみ?
社内規則が変更になりましたって事例が毎年のように出るんだよ?
この規則がどうとかね?賛否両論かましてる場合じゃなく。
制度という事が変わるってのは、はっきり異常だよね?
ましてそれが審議されないでやってみようの精神でいるんですよ?
現場にいる社員さんはたまったもんじゃないですよね?
そういう会社を自分が安心して働ける職場として信頼できますか?

そういうもっと根っこの問題なんです
誰がルールを変えろといった?
何故それに従う必要がある?
誰が得をする?
意義は?現場の意見は?

どこぞの局中法度みたいに一切の例外を認めるなとは言わない。
ただルールってのはその世界の常識なんですよ。
審判のいう事は絶対にさせたいならその基礎となるルールというものの変更を簡単に認めてはいけないと思うんですよ?
それが出来ないのに審判の威厳がどうたら言ってる審判団は笑えると思うね?自分で足場崩してるんだもの。
勿論おかしいものは変えるべきだとは思いますよ?
だけどね現場がそれを望んでるんですか?
競技という面で本当に必要なんですか?


コリジョンルールを対応するなら最低100回以上素人選手に該当ルールでクロスプレーさせて認識を合わせるとか
例外を考えるとかね?
シーズン中これはどうだってのを審判が把握してなかったでしょ?途中からルール改変も入ったし・・・

工藤公康が第一号となった15秒ルール
あれどこ行った?そもそもあの制度の導入経緯と実際適応された人物の少なさよ・・・・
審判個人の技量によるし曖昧でしょ?

現場が求めたチャレンジ(リクエスト)制度がようやく導入されるが
どうでもいいルールより、試合が公平に行われているかの判断が脅かされていたにも関わらず、
なぜ今まで慎重な体制だったのか

競技時間の短縮を誰が望んだ?
二段モーションは何故導入され、その定義を誰が明確に定めた、
その意義とはなんだったのか・・・・

そういう次元で話し合ってないからルールがころころ変わる。

強固なルールではなくなる
ルールが定まらない無い競技になんの面白さがあろうか

誰が野球をしているのだろうか?
スポンサーサイト

2018/01/13 22:26|野球TB:0CM:0

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック:
トラックバック URL
http://adio29.blog.fc2.com/tb.php/3863-c47604a9

Copyright(C) 2006 青の血の進化 〜扇風機のために楽しむ〜 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.