FC2ブログ

パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!


プロフィール

adio

Author:adio
パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!

あおのちばなー


リスト



リンク


検索フォーム


カテゴリー


最新コメント


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
10位
アクセスランキングを見る>>


↑押すと喜ぶはず・・・

人気サイトランキングへ


カウンター


査定論第四章-特殊能力 対左

特殊

対左
1項 定義・・得点圏での能力

単年成績の完全対左依存、
イメージや通算成績の考慮なし(不明の場合情報が無ければ特に付けない)

打率と対左打率の差、大よそのイメージ
A....+.080(.300を越えること)
B....+.030
C....+.015
D....+.014~-0.14
E....-.015
F....-.030
G....-.080

ただし境目(例+0.79辺り)は若干甘くなる(厳しくなる)場合もある


2項.適応外

対左20打席数以下は基本対左Dで固定
ただし対左が弱いことを理由に対左相手の機会がない、
もしくは3打席以下の選手がいる場合対左Eに固定。
また得点圏19打席19安打、19打席無安打のような特例は
対左Cと対左Eで対応すること。

3項.左キラー

2項まで基準がチャンスと同じだがこの対左に関して決定的に違うところが
ある。
それは金特左キラーの該当者がいないということである、
というより該当させる気はないということだ。

理由としてミートが関与する、ミートはあくまで基礎打率であり対右の打率ではない。
左が強いということは裏を返せば右に弱いということになる。
その右に弱いということが特殊能力で表せない為、極度の左寄りを嫌っている。
この為野手の大差Aですら出すのを躊躇する、プロスピは困らないのであろうが、
基礎打率ベースにはつらいものがある。
感覚派の方が付け方が優秀。
仮に付けるなら右投手の時に打席に立たず左打者の時だけ代打に立ち
一定の成績を収める選手であろうか
スポンサーサイト

2017/11/11 08:29|査定論TB:0CM:0

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック:
トラックバック URL
http://adio29.blog.fc2.com/tb.php/3792-6eb60da0

Copyright(C) 2006 青の血の進化_∞ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.