パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!


プロフィール

adio

Author:adio
パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!

あおのちばなー


リスト



リンク


検索フォーム


カテゴリー


最新コメント


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
276位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
13位
アクセスランキングを見る>>


↑押すと喜ぶはず・・・

人気サイトランキングへ


カウンター


目を覚ませ!

野球観戦者の朝は早い。

眠い目を擦りながら外苑前駅に到着。

下車すぐに

目を覚ませ!の看板が…

分かってるわい!起きてるよ!

そうです、adioは神宮球場です。

4月は2日なんと公式戦42戦目。
まるで死神でも出るような日ではありませんか?
付け焼き刃の知識ではありますが、落語にも死神なんて物語があるそうで、本日はそんなお話を元に書いてみましょうか?

神宮球場に入るもどこかどんより
adio「今日は濱口か、また現地でadioは負けてしまうんだろうな?……」

???「お前さんは今日は負けないよ」

adio「だ、誰だい!?人の隣に座りやがって」

???「俺かい?俺は死神だよ」

adio「ついに負けすぎて頭がおかしくなってしまった、死神なんているもんかい!」

死神「嘘だと思うなら、座席番号見てみな?」

adio「何?席だぁ?U列33段の5、つまりadioの隣は33の4番、33-4こらたまげた、ホントに死神だ、どーりでこの席だけ空席だっだわけだ…」

※作り話抜きでadioの座席番号です、ついでに隣は空席でした。

死神「他の客には見えないからね、この席は空席に見えるだろうよ」

adio「そういや、死神さん、このadioが勝つって言ってたな?どうしてそんなことが分かるんだい」

死神「死神はなんでもお見通しだ、勝負事には俺がついてまわる、そうだなお前さんにも分かるようにしてやろう、今日の試合、必死に祈ってみな?

もし俺が投手の方に立っていたら、打者には死神が見えるはず、つまりその投手は抑えられるよ?

逆にもし俺が打者の方に立っていれば投手には死神が見えるだろうよ、つまり打たれる、もしくは失投するよ…

俺が見えるようになるにはお前さんが強く祈ることが必要だ。」

adio「よし分かった!」

初回
絶対勝つぞベイスターズ!!

adio「お?死神が打者の方に立っている、これは桑原打つのか?」

先頭桑原出塁さらに…

adio「お?ロペスの隣にも死神が見える」

ロペス先制タイムリー!
死神バンザイ!!

その裏
adio「坂口に死神が…打つのか?」

ショートゴロ……

adio「なんだ死神ってのも案外あてになら…」

倉本ファンブル!!

adio「嘘だろよおい……死神ってのはなんでもありかい!」

それからのイニングはとりつ、とられつ。
5回まで接戦、死神のおかげで打席結果が分かるから楽しいのなんの。でも勝つんだよな?9回あたりに勝ち越してドラマティックな展開かな?

イニング間にはベイスターズファンの女の子とスワローズファンの子がじゃんけん対決

adio「頑張れよ~」

ベイスターズファンの子3回勝負のじゃんけん勝負で二連勝!

試合は膠着

9回表まで4ー4

満塁で打席には白崎
adio「頑張れよ~白崎、っても得点圏は…ダメだ死神も投手の方に立っている…」

凡退…そら知ってましたよ

その裏
一アウト
一二塁とし坂口
をまさかの敬遠!

山田哲人とバレンティン

adio「あ……死神が山田哲人に見える、死神のやろう野球を知らねぇな?この裏で点入ったら負けちまうんだ、なんかいい手は…そうだ死神は強く祈ると見えるんなら、山田哲人が絶対打つと思ってみると結果が変わるかもしれない…よしやってみよう…」

「山田哲人が打つに決まってる、サヨナラ勝ちは確定」

目を開けると死神は投手の方に移っていた

結果山田哲人は三振
よしツーアウトこうなりゃ死神の力なんていらねぇや、今日は勝つって言ってもらったんだ。

あれれ?辺りが真っ暗だ…
それに目の前に蝋燭がいっぱい。

adio「おい死神さんよ、こりゃなんだい」

死神「これかい?これは勝負の炎、よく燃えてるほど勝ちやすく、火が消えそうなほど負けやすい。」

adio「へぇ~、水道橋の方角にオレンジ色にバチバチ燃えてる炎がある」

死神「あれは読売だよ」

adio「どーりで、ん?こっちのタヌキみたいなのは今にも消えそうだ」

死神「それはオリックスだよ、最近はここの様子も分かるのか納棺まで済ませようとしやがった。」

adio「ん?この一番近くの炎も消えそうだな?」

死神「これはお前さんのだよ。」

adio「だって負けないってあんた言っただろ、それにさっきだって山田哲人の方に立ちやがって」

死神「お前さんの勝利はこの試合が始まる前3つあったんだ、今は一つも無い」

adio「ちょっと待ってくれ答えになってない、3つも勝ちがあったんならなんで山田哲人の方に」

死神「一つ目と二つ目はお前さんがイニング感に失った。」

adio「……あのじゃんけん対決か!確かにベイスターズファンの子が2勝0敗…あんなの関係あるかい!」

死神「勝負事に付いて回ると言っただろ、都合のいい時だけ仲間意識かい?、それに実は1球ずつ立つ位置を変えていたんだよ」

adio「それじゃあさっき山田哲人の隣にたったのも投手の方に動いたのも分かる……」

死神「だがお前さん最後の時、山田哲人が打つなんて願いやがった、その瞬間お前さんの3つ目の勝ちが消えた。自ら諦めた者に勝利はない。」

adio「そんな馬鹿な……じゃあ俺は……」

死神「負けるよ?」

adio「そんな馬鹿な、お願いだ、たすけておくれよ……」

死神「なら次の回の裏、抑えたら、お前さんにもう1度勝ちの炎を与えよう。ただこの裏抑えられなかったら、言うまでもない、負けるよ?」

adio「……負けたくない、頑張れタナケン!!」

死神「負けるよ~…」

adio「やめてくれ、勝ちたいんだ!負けなんて幽閉する!雄平抑えたでワンアウト!」

死神「負けるよ~…」

adio「脅かすんじゃない負けるわけがない。」

畠山流しうち

adio「たかがランナー一塁だ!」

死神「負けるよ~…」

adio「なっ!デッドボール……」

死神「文字通りの死の球だね…負けるよ、もうこの投手は死に球しか投げないよ」

adio「何を言う!……そ、そんな四球……満塁だ……」

バッターは鵜久森

死神「負けるよ。負けるよ、負けるよ……」

adio「あぁ……負ける……うわあああああ……」

adioは蹲る…


目を覚ませ!!

adio「はっ……試合結果は…」

レフトの筒香が目の前にいない

adio「やった筒香がいない、チェンジだ、回が変わったんだ」


目を覚ませ!!


死神「ほら、負けた」

この4月2日の42戦目。

死神の姿は他人には見えない、
ただこの日の神宮に青白くなって座り込む人がいたという、人はあまりの青白さと不気味さから、その人を死神だと呼んだそうな。


おしまい

とまぁ付け焼き刃の知識です、リスペクトもないものでして落語好きの方には申し訳ないかね?

打った瞬間は打球を見失った。
だけど気づいた時には指定席(神宮外野前列)
からゴンという音がしたのと同時にadioは外野席で↑の桑田のように崩れた。

ホーーームラン!!
そんな声も覚えていない、代打サヨナラ満塁ホームラン。

おまけだが
帰りに慰めの為横浜駅のメロンパンアイスのお店に寄ろうとするとお店がない(後から調べたら西口に移転してたらしい)

さらに
最寄り駅でポケGoすると、偶然ラッキーの進化系、ハピナスが出現。
最後に運がやってきた!!



に……逃げられた……だと……

adioは本当に死神なのでは?

勝率はちょうど3割
42戦も見るともう1回買ったくらいじゃ4割にならない、むしろオープン戦を含めるとその13勝32敗、負けの率がたしか.288と完全に死んでいる。

球場の魅力をadioが伝えても、信じてもらえない、何故ならadio自身が心から楽しめる日は数少ないからだ。

シーズン投げたピッチャーより酷いことになったる、adioと張り合えるのは権藤正利くらいのものだ。

夢だよなとヤクルトファンの友達に問うも、帰ってきた答えは1つ

目を覚ませ

でした







スポンサーサイト

2017/04/02 17:38|観戦日記TB:0CM:1

コメント:

うまいですな
ゾノ #-|2017/04/04(火) 12:19 [ 編集 ]


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック:
トラックバック URL
http://adio29.blog.fc2.com/tb.php/3629-3bffac97

Copyright(C) 2006 青の血の進化_∞ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.