パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!


プロフィール

adio

Author:adio
パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!

青の血2


リスト



リンク


検索フォーム


カテゴリー


最新コメント


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
4位
アクセスランキングを見る>>


↑押すと喜ぶはず・・・

人気サイトランキングへ


カウンター


パワプロ風査定小笠原道大

小笠原2003


散々某記事のコメントで議論になってたので出しました

持論だけどいいですか?
直江状並みに毒舌スタイル

基礎能力は基本能力であって
特殊能力は付随させる能力です

少しでも過度だと思うならまず基礎より特殊能力を見直すべきです
決して基本である能力を特殊能力のせいで抑える、ましてオーペナの結果が・・・
なんて不確定要素で基礎能力を絶対にいじってはいけない・・・・

何も説明せず弟巨人ファン(20)に問いました
小笠原のパワーといえば?
A、(即答)

そうですよ、だーれもA以外の印象なんて無いんです、成績からもそうあるべきなんです
もしBだなんだ思ってるんならまずパワーヒッターを見直すべきです。
ちとね?この査定通り(打撃能力だけは完璧な状態)で2016サクセス作りました

んで作りながら思った

弾道4の必要性は一切ない、ホームラン集見てれば分かる
パワーBというのがありだと言えるならパワーヒッターも必要ない

強振多用だというならアベレージヒッターは必要ない
そんな見かけ倒しでAHに至ってはほとんど発動しない能力の為に基礎能力を抑える必要は一切ない

さらに言えば強振多用でもミート打ちもする、自分が操作するなんて言うくらいなら何故流し打ちは付かない
もしAHなんて付けるなら絶対流し打ちも付けるはず、そうじゃないと中途半端

強振多用は外せない(ミスターフルスイング)
ならあくまで強振として査定するしかないんです。

やるなら大胆に。我々が思う以上に公式はなーんも考えてません。

オーペナ調整だってんならビビるな、公式
現役には散々過剰査定しておきながらこの体たらくよ、
小笠原が多少の過剰査になっても誰が文句を言おうか、
調整なんて暇あったらとっとと現役の藤村の能力の一つや二つ調整できてから言いなさい。

公式なんて考えるだけ無駄、だって考えてないんだもん。
未だに安打数より打率を取るなんて赤子のようなプルヒッターの付け方したして(旧バージョン参照)
能力の真意も分からないような公式です

オーペナなんてものに頼って
パワーBそれもB前半なんて結果を望むような査定なんてクソ査定と呼ばれるのが必定
そんな査定したら末代までの恥になる


スポンサーサイト

2017/02/03 07:07|パワポケデフォルト選手データTB:0CM:2

コメント:
Re:
誤記はいつものこと。
まして寝落ちして朝更新ボタンだけ押した記事
気にしたら負け、査定に誤記はない。

ん?どゆこと?
公式が?adio査定の捕球が?
どっちみちFだけど。

adioの場合
メインポジションサード
で捕球がこれです。
こん年2003年はサードしか守ってないんで
14失策でこれと。

でもファーストの方が上手いから
査定でしか出せませんがファーストの方が能力高くしてますけど。

……?

adio #-|2017/02/03(金) 08:10 [ 編集 ]


それより、adioさん珍しくないけど小笠原道大の誤字をどうにかすべき

ハム時代に安定した成績を残した(単年確変ではない)という意味でも、ガッツの打力はこれくらい付けていいでしょう。

むしろ、守備能力に疑問符がつきます。

一塁に限っては守備率の悪い選手でもなく、キャリア途中からサードも守るようになって明らかにサードのほうが守備率の悪い小笠原道大に、その捕球値は妥当?

しかも2006ならサードは40試合も守ってないんですよね。複数ポジションあると頭痛くなりますが。

サードの守備率はずっと良くない選手なので、ファーストの守備率ばかり見て捕球値を高くしすぎるのも変かもしれない
ひなとり #qKTitUus|2017/02/03(金) 07:43 [ 編集 ]


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック:
トラックバック URL
http://adio29.blog.fc2.com/tb.php/3561-43445cad

Copyright(C) 2006 青の血の進化SA All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.