パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!


プロフィール

adio

Author:adio
パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!

青の血2


リスト



リンク


検索フォーム


カテゴリー


最新コメント


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
18位
アクセスランキングを見る>>


↑押すと喜ぶはず・・・

人気サイトランキングへ


カウンター


飽きたといってから7周はする

近頃ポケモンGOもアップデートされるとか…
まだやってるやつの気がしれぬ…
そろそろ飽きないのかね、ご近所にはラプラスが出たと言うがだいたいそんな時間は仕事・・・
休日しかできぬようなゲームにハマるほどこちとら子供じゃ・・・・
なんじゃ・・・
カビ・・・ゴンの影・・・?
・・・・

マッハ



fc2blog_201609112303442e7.jpg

fc2blog_20160911230727185.jpg

fc2blog_2016091123075211b.jpg

父上の画像はホンマ使えます、こどものようにはしゃいでおります。
マッハGOでした・・・
カビゴン出現と同時に人が15人、公園内にも関わらずバイクが3台ほど侵入してきた
なんつーかあのドラゲナァーーーーイ!!って動画を思い出した

査定しろと?
今久々にパワプロを開き呆れ返っている、正直こんな査定なら世の中査定師はいらない
坂本がオールAにでもなればいい

1球団ずつツッコんだらキリがない、劇場化されないブロードウェイだったり
戸柱キャッチャーB?たかだかルーキーになんたる査定、10年早い
宮崎のパワーが過小評価されている
石川なんざもう走力C67程度に走塁付けるだけで充分
山崎康晃・・ナックルなんてよく入れたなアホ?
昨年の査定があらかた正解に思えてきた
ノビF、一発は確定しそうだ、球持ちを消す
あとは軽い球、ピンチ、対左をどう出すか、コントロールももっと下がり調子極端
回復はE~F意地でもD以上にはしない

マイコラスに短気無し、まぁつい最近のことだしあの一試合を引き合いに出すのは
バーネットやオンドリャ~セクに失礼か

菊池の守備力S97
馬鹿も休み休言え、百歩譲っても90だ、単年換算(現代の中で)という査定にしても幼稚な査定だ。
87~89で荒木全盛期とどうするか調整してるこの時にこんなもの見せられたら査定の気も失せる

二遊間寄りの好守が多く、横の動きに強い荒木に対して
一二塁間(ややライト前寄り)、後方の守備に対しての好守が多いのが菊池

井端の連携、ウッズのカバーが主、他があってこその荒木となる技術は荒木、
対して菊池はあくまで菊池、割と個人で決める、荒木と違い肩もある為割と深い位置で取れる、
後方で取れることが守備範囲の広さを可能にする、どちらかといえば野性的。

さて両者の持ち味を最大限に生かし、かつ元ドラゴンズファンという面を持ったうえで
荒木に厳しくなるだけではなく、菊池をもっと知り、公平な査定を出すにはどうすれば良いか

と考えていたところを興が醒める

高木チェックしてもらったら?菊池のプレーも何個普通になるやら
そら名手高木守道S100でいいよね?

ホント査定なんてものがこの適当な現代にもう必要とされていないと実感する日々である
これだけ変動する能力の中藤村の走力を94のまま変えないような馬鹿査定には付き合ってられない
100000歩譲ってS94として何年間その数字なんですか?もう5年くらいそれですよ?
試合にも出てない選手を何年もS94だったら
ウサインボルトの足は永遠にS100だ
スポンサーサイト

2016/09/11 23:08|日記TB:0CM:2

コメント:

その答えは査定でお見せしましょう
B79ってまさかwと思いましたけど、井端の守備力があれならやりかねない・・・

菊池100もホントやりかねないので恐い
adio #-|2016/09/19(月) 00:39 [ 編集 ]


荒木全盛期は90以上でもいいと思う。
逆に中日超過小評価のコナミだとB79ぐらいにしそうで恐い。

菊池はシーズン終了アプデでS100とかやらかしそうな気がする。
OB査定ヲタ #-|2016/09/18(日) 00:34 [ 編集 ]


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック:
トラックバック URL
http://adio29.blog.fc2.com/tb.php/3462-b94ea948

Copyright(C) 2006 青の血の進化SA All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.