パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!


プロフィール

adio

Author:adio
パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!

青の血2


リスト



リンク


検索フォーム


カテゴリー


最新コメント


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
536位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
26位
アクセスランキングを見る>>


↑押すと喜ぶはず・・・

人気サイトランキングへ


カウンター


覚醒と通年の考え

使ってないカテゴリー使っておきます。

査定論のお話。

二年前の査定見るとホント下手な査定してるなと思う、特に投手。

これは査定公開してるサイトの共通の悩みか、何年も立つと自分がその時いいと感じた査定がクソに見える、そんでもってそれが残ってるんだよね、しかもadioみたいなパス屋は世に流通させてるんだよね。

そう思うと恥ずかしいです。
ただ査定した時の気持ちはなんとなく分かる、最高値査定メインなのも、adioは使ってもらう為の査定が重視だなと。

adioは最高値査定実は嫌いです、自分自身もこればっかりやってたからね、自分でもその査定印象があって単年で見るとそんな査定になるわけないじゃん?って選手が沢山います。

ちなみに覚醒はもっと嫌いです。

通年最高値も覚醒も所謂妄想査定です。

だけどね?2つの違いってのは
現実に起きたことの妄想と、現状にない妄想なんですよ。

だから過剰査定って叩かれることが少ない、スレスレのライン通ってる。

通年最高値ってのは
ある選手を見た時に人によりその選手の印象がまるで変わる、緒方は盗塁王であるという人と緒方は盗塁少ないけどよくホームラン打つバッターだったとかね?

立浪がどこ守ってたなんてのも世代に、よって違うわけですよ(果ては守ってない代打か、adioはサードの方が世代的かな、外野、サードが見た時のメイン)

そういう印象の全て統括した最高の状態。
総称した印象査定。

だけどその査定の上はない。
だってその選手はどの年をとってもそれ以上の成績がないのだから。

覚醒は印象から導き出される無限の可能性。

中里がケガしなければ、筒香はパワーがある打者だからパワーS。

限界がない、だから人によってまるで違う、誰が見ても確実に理解が出来るとは限らない、人によって見る物が違うからそれをまとめた最高値の真逆、個人の印象だけが独り立ちする。

それが覚醒。
覚醒は現実の逆にいる。
それでは査定の意味がない、だから妄想査定は嫌いなの。

とか言いながら分かった。

覚醒の根元。
なんでこの選手作ってみたがクソ査定ばっかりなのか。

それは単純に覚醒してる人はユーザーだからだよ。

査定をすると覚醒なんてもののクソさ加減に腹が立つ、だけど思えば査定だけしかやってない人はもうほとんど使い手ではない、自分で作っちゃいない。

不自然なのは査定の方だったんだ。
純粋に作った選手の先に覚醒は普通に存在する、この選手作ったら強くなってしまった、能力ポイントが余った、足りないから選手が作れない。

覚醒は普通誰もが持ってるべきものだったと最近分かった。
査定したって普通その通りにならない。

それを否定する方が単純に異常な立場なんだなと、adioの用にぴったり査定した通りに作り、何百、千もの能力ポイントを平然と余らせてる方が選手を作る上おかしいんだなと思い出した。

査定が上手い人ほど普通改造か査定だけになってるなと今更思いましたよ。

覚醒や通年最高値に真っ向否定ってのは自分で作ってないんだなってのが分かった。

だからと言って査定を否定するつもりは一切ないが査定が出来ないだとか査定が重宝される理由に理解は示したつもり。

査定は普通には存在しない。
覚醒な誰もがプレイする上で存在する。

査定は誰でも持っている、間違えじゃないけど査定の通り作るってのは歪な光景なんだな。

査定を突き詰める行動が異常だとは思ってたけど査定そのものが変だとは思ってなかった。

なんて思ったんです今更ですよね。

査定だけする人はこの選手はこういう能力だって色んな人に見せる人。

ましてOBを査定するなら後世に示す人になるのが究極かと

だからこそ批判もある、少なからず査定を見せるのは自分で完結しない。

人に見せるのものに妄想が混じってる地点で若干アウトだけど、それでも使い手側にたっての限界ギリギリの妄想が通年最高値なんだろなって思いましたとさ。

通常の根底は誰かをイメージして強い選手作りましたよなんだろうな?

なんて言いながら今のadioが1番異常だ。
それが全て分かった上で今改造も使わず、ユーザーにいてもなお査定をし、その覚醒を真っ向否定して作ってるんだから。

塗り絵をして色とりどりの色を使う子供ではない。

ピカチュウの主な色に黄色以外を否定した子供だ。

紫色や7色のピカチュウを見て、ピカチュウは黄色であると、黄色じゃなきゃおかしい。

幼少期からこれだ。一切現実以外の色を認めなかった、塗り絵とかね?幼少期のもの見ても一切そういう妄想色がない。

そんな子供が大人になって覚醒なんてものを理解出来るはずもなかろう。

adioが現実の中にしか夢を見ないとか全て、査定に出ている。

adioの査定とは異常の中にいるものだ。









スポンサーサイト

2016/05/09 21:43|日記TB:0CM:0

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック:
トラックバック URL
http://adio29.blog.fc2.com/tb.php/3357-5a3a463e

Copyright(C) 2006 青の血の進化SA All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.