パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!


プロフィール

adio

Author:adio
パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!

青の血2


リスト



リンク


検索フォーム


カテゴリー


最新コメント


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
407位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
15位
アクセスランキングを見る>>


↑押すと喜ぶはず・・・

人気サイトランキングへ


カウンター


イメージするのは常に最強のうんちゃら。

・・・・・えぇまずはこちらの二枚の画像をご覧ください

初期状態(ノーマルと助っ人だけ)で作った鈴木尚典です。
fc2blog_201601311717305d9.jpg

続きまして貯まったポイントでガチャ引いて出来上がった筒香です。

fc2blog_20160131171713cce.jpg


あのですねぇ・・・・
どうやら恐ろしい事が発覚したので発表します。

実はadioは査定職人だったのです。

なに言ってんだこいつ?
adioが職人なのかどうかは2000人の選手たちが語るとしてね。
adioが言いたいのは

自分の査定通りにサクセスで作り上げる人なんです。
adioがこういう査定を出して、出来ると判断したら完全再現する、
作成の本質が査定にあるんです。
査定の上に選手を作る査定職人なのです。

逆に最初に査定した地点で厳しいと判断した場合、
査定に依存できなくなり作成が出来ないのです。

筒香を査定した地点で
BBのかつ特殊能力持ち・・・キツイと判断したんです。
するとどうでしょうか、レアキャラを所持したにも関わらずなんと2003尚典以下
の能力しか作れなかったのです。

普通に考えれば
鈴木尚典03の上位互換筒香ちょっと03から頑張ればいいだけです、
それが出来なかった。
それで尚典レベルまでもっていけるならまだしも、それ以下なんです。
ここ重要。ホント

査定した地点でイメージしなかったのが問題です。

じゃあイメージの中で作れると判断すりゃ完璧に出来んのかよ?
んなわけ・・・



fc2blog_2016013117175661d.jpg

(+・`ー'・)ドヤッ!!

ね?おっそろしいでしょ?
イメージすりゃ完璧に作れてるんです。
ケガしにくいも筋力ポイント2あれば作れたんですよ。

まぁこんなものです、
だからねやっぱ思うこのアプリadioに向かんわ。

オレじゃ赤星って名の選手作るなら100ポイント筋力があまろうがパワーE以上にするの躊躇うし、
駒田だってこれエラー回避にあたるポイントめっちゃあまったけど
エラー回避が高くちゃフライの落球王じゃなくなるなんて思ってるし、
BAD能力が付くイベントが起こらないと怒るし・・・。

もうなんですかね、絶対いないんですよ。
自由に作ろうと思ってる人がね、好き好んで三振とかエラー取るわけない。
あのイベントね知らないでさ、間違えてとっちゃったとかなら、まだあるでしょうね?
Sランク野手作ろうとして狙って赤取る人いたら教えて欲しい。

しかもね
三振、エラー、併殺をとった瞬間ガッツポーズしてるんですよ?
めっちゃ快感なんです、完璧だ、完璧だってニッコニッコしてるんですよ。
頭おかしいよ絶対w

この駒田出来た時の顔見せてやりたい。
ホントこの人狂ってるから。

だいたいさ普通の人はケガしにくいなんて取らないし、あまったポイントでしかたなくとっちゃうんですよ。
それを取れなくて本気で泣きそうになってる人がいるんですよ。

何度でもいう俺は強い選手作りたいんじゃない、再現がしたいんだ!!
再現が出来なきゃ選手作る意欲がないんだ!!!

自由に選手作る楽しさなんてadioにはない
だってファースト作るとするじゃん?

駒田型・・・
リグス型・・・・
ジョーンズみたいにミート下げて三振とかつけて・・・・・

もうねこの地点で査定してるんですよ、今から作る選手。
でリグス型とかやって仮に走力Bとかいったら発狂するぜ?強すぎる、もっと弱くなければ理想じゃないとか

やめた方がいい。
出ないと行く末は




↑みたいになるから
ある意味で公式サイドにガチヤク姉さんがいるのが凄いと思う。
スポンサーサイト

2016/01/31 17:18|日記TB:0CM:0

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック:
トラックバック URL
http://adio29.blog.fc2.com/tb.php/3292-db6bff9b

Copyright(C) 2006 青の血の進化SA All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.