パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!


プロフィール

adio

Author:adio
パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!

青の血2


リスト



リンク


検索フォーム


カテゴリー


最新コメント


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
9位
アクセスランキングを見る>>


↑押すと喜ぶはず・・・

人気サイトランキングへ


カウンター


プレミア12を振り返り

さて今更なんですがこの話題を。

韓国に負け、連日小久保監督の継投ミスと騒いでいますね。

正直難しいよね。

adioは大谷続投派です。
大谷の球が少し抜けてきたのは感じました。
ですがね?

球が抜けるようになった、球威が落ちた=必ず打ち取れないとは限らないのではないでしょうか。
血豆が出来て完全試合が出来ないとかいう話じゃないのだから、相手打者に嫌な印象は少なからず与えていたと思います。

まぁ打たれれば球が抜けてたのに小久保が悪いになるのは目に見えていたんですがね、難しい。

ただそこは大谷と心中する気でいた、くらいの気持ちでいて欲しかった。

それとあくまで数字だけど


大谷球速落ちないんだよな、しかも最終回がほぼ最高球速。

adioなら打たれても変えない、球数のこと言うの嫌いだけど100未満じゃん?

ちょっと逸れるけど
そもそも球数が好きじゃないんだよね、球数なんて制球と捕手リード、あとは打たせてとるタイプは当然球数減るし。

松坂全盛期知らない子が最近じゃいます、悪いことではありません、adioだってバースの全盛期を知らないです、そこは年齢です、だけど見てないと分からないものってのはあると思う、最近の人には松坂の球数wこれは酷使ですわwとか言われるのはな…

松坂は100球からなんて言われたくらいで立ち上がりは悪いし、元よりコントロール悪いし。

球数制限に苦しむなんて表現今じゃ聞かないでしょうに

全投手が100球投げたら故障するなら高校野球なんてやめるべき。

中5日なら150くらいでも大丈夫と思ってます、勿論全投手がとは言いません。
ただ今なら菅野、マエケン、則本辺りは絶対投げられると思ってる。

という話は別にいい、まぁともかく続投で大谷が崩れたらまだ納得したのかな?とは思う。

松井裕樹もな・・・国際戦くらいスライダー使ってもいいと思うんだがな、捕手も嶋だし、
正直コントロールに難がある選手を満塁で使うのは・・・と思いましたが。
あそこで仮に松井が抑えれば小久保すげぇになるんだから野球ってのは不思議だ。

成功すればなんでもいいんです。

3回WBCの鳥谷の走塁だって
2回のイチローの決勝打だって(イチローのそれまでなんて無かったかのように)

で監督小久保は正しかったのか・・・

微妙にオフ会でも話題に出たんですがね?
短期決戦に強い監督って誰?って話になった時適任が難しい。
そういう面では誰が誰でもいっしょな気もする。

ただ気に入らないのは3回WBCの時もそうなのだが
現役監督から選んでいない。

これadioが星野信者だってのも多少関与してるのかもしれないんだけどな?
2回WBCの監督選考の時、北京の時の雪辱をってので星野仙一の声も多かったはず。
それがひっくり返ったのがイチローの
現役監督から選ぶのは難しいでは、本気で最強チームを作ろうとしているとは思えない
発言だ、星野批判かどうかは分からないけど、この意見に世の中は動いた。

にも関わらず数年たちゃこの発言はどうでもいいのかい?
それも監督経験のない小久保を固定で侍ジャパン監督って・・・
そこが気に入らない。

人柄だけで何も経験しない人が監督やコーチとかに付くとろくなことがないのは
ベイスターズバッテリーコーチで体感済みです。

じゃあ誰がいいのか
adioは割と真面目にいつも中畑推してるけどね?
アテネオリンピックの実質の監督だし、メディア受けはいいだろうし。

原辰徳・・・
嫌いだよ?なんか実力ある名監督みたいに言ってるけど、戦力が微妙だった今年こそ真価の見せ所だった気はする。

みなさんが名将扱いするノムさんもオッチも原が何もしなければ勝てる的な発言してますし。
ただ大軍引き連れるのはなれてるかと

現役というか前年日本一監督がするとかじゃダメなのかね・・・
スポンサーサイト

2015/12/09 08:37|野球TB:0CM:0

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック:
トラックバック URL
http://adio29.blog.fc2.com/tb.php/3259-1fc3d201

Copyright(C) 2006 青の血の進化SA All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.