パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!


プロフィール

adio

Author:adio
パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!

青の血2


リスト



リンク


検索フォーム


カテゴリー


最新コメント


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
657位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
31位
アクセスランキングを見る>>


↑押すと喜ぶはず・・・

人気サイトランキングへ


カウンター


フランダースの犬で泣かない男

はい、adioです。

作品で泣いた覚えがない、
全米が涙とか泣ける話、泣き歌とか、そういう、どや感動するやろオーラが好きじゃない。

当然adioは
24時間テレビなぞろくに見たこともなく、チャリティーとか聞こえをよくして、
出演者に高額なギャラ発生させてるような番組に感動どころか吐き気すらするような人間でしてね?

あれでもちろん救われよう方はいるんじゃない?けどね?
それをビジネスに利用しようとしてる仕組みがねぇ?

そんなに泣き○○までして泣きたいのか、泣きたきゃ交通事故にでもあえばいいと思う。
かわいそうだね?なんて泣くより自身が悲惨な目にあった方が余程泣きたくなる。

仮に24時間みたいな障害者1つとってもね?

歩ける人が歩けない人の悲しみなんて真に理解できない。

また一目で障害と分からないような障害者なんてのはあぁやってテレビに取り上げられることもなく
社会的待遇もまた違うわけでね?

同じ障害でも度合によって天と地のような差だったり。
重度の障害の条件に1つ足りないだけで重度とみなされず生活に苦労したり、
必死に治療してても一部の人がルールを守らないと全てその病気は悪いなんて話になったり
(昨今話題になってる自動車のてんかん事故なんて典型)

世の中知らないこと、見えないことの方がよっぽど辛いものだよ?
簡単に感動だのなんだのでくくれないのが現実ってものよ

人によって感動なんて受け止め方が違うもんさ

震災の時命張って高台に避難してくださいって言った人の死を

単純に命がけでみんなを救ったいい人と捉えるか

すばらしいが、命まで失う自己犠牲というものを世の中として褒め称えていくべきではない

なんて捉え方の問題だよ。

人によって涙、感動なんて違う。

簡単に例えるとな?
行った試合で毎回勝つようなやつが
「竜の涙割り」という曲を聞いたところでね?
泣ける曲だね?なんて言うのはね?
曲の真意を分かってないんだよ・・・

歌ってみろよ勝率三割切ってるやつの目の前で、さぁ!!
また負けた~♪なんて歌ってもなんの説得力もないんだよ・・
何が泣き歌だ、負けたこともないくせに負けたやつの何が分かるんだ、何が・・・

ドラゴンズファン時代あの歌をどれだけカラオケで歌いたかったか・・
ベイスターズファンに戻った今でも心に響く・・・

もしカラオケに入ったら18番にする曲だ。

さてこんなテンションで来日曜オフ会です、大丈夫か??

adioはね、ただ勝ってほしいんです。
だれよりも勝ちたいんです。

応援したったのに・・・負けるんです。

掛け声が弱かったと最後に自分を責めだす、あの歌の通り。

ただ楽しく野球をみたいんです。
(最近この話題ばっかりな気がする)
スポンサーサイト

2015/08/23 22:36|日記TB:0CM:5

コメント:

黒田が見られるんだね…
わぁ…(遠い目)

もう残念すぎて何か見てはいけないようなものを見てしまったような皆さんの視線が目に浮かびます。
adio #-|2015/08/24(月) 12:29 [ 編集 ]


おお、もう…
鯉心 #-|2015/08/24(月) 11:38 [ 編集 ]


広島の先発は黒田か中4日ローテだとジョンソンといった所ですかね、DeNAはモスコーソをもう1回投げさすんですかね?投げさせないってなると読めない…
中野DC #-|2015/08/24(月) 01:05 [ 編集 ]


前半はね、ふむふむって読んだのだ。 だから後半については何も言えないです。
#-|2015/08/23(日) 23:18 [ 編集 ]


重ね重ね

かわいそうな子(;_;)
KHAN #2NLglBcM|2015/08/23(日) 22:42 [ 編集 ]


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック:
トラックバック URL
http://adio29.blog.fc2.com/tb.php/3190-fa66916e

Copyright(C) 2006 青の血の進化SA All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.