パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!


プロフィール

adio

Author:adio
パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!

青の血2


リスト



リンク


検索フォーム


カテゴリー


最新コメント


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
40位
アクセスランキングを見る>>


↑押すと喜ぶはず・・・

人気サイトランキングへ


カウンター


この査定の意味とは

さてさてベイスターズ連敗の現実から逃げるべく査定を開始したadioですがこっちの方がもっと複雑な事情だった。

プレイしてるときは細かい能力を気にしないからいいのだがいざ能力を見始めたら疑問が疑問を呼んだ。

まず自分の規定の見直し

対右、対左とミートが別れたことで
ただの打率から(以下元打率)ミートを割り出すのは不可能である。

とりあえず

プロスピミート査定の特徴を掴むため昨年の成績とにらめっこ。

データ照合したら…
5人もやればもう法則がバラけた。

右.341の人物がA84、右.343の人物がA81,そんな感じでもうバラバラ。

だがここまでは想定内。

これはあくまで右と左を単純にそれぞれの打率で当てはめた場合こうなる。

adioの仮説は比率。
元打率が結局重要で

(右ミート+左ミート)÷2=で元打率の数字に対応するミート

というのなら話が変わる。

昨年の雄平と山田哲人を例にとる

雄平

元打率.316(173安打/547打数)
右打率.341(122/358)
左打率.270(51/189)

なおプロスピは

右A84
左D51
足して2で÷C67orC68

山田哲人

元打率.324(193安打/596打数)
右打率.343(144/420)
左打率.278(49/176)

プロスピ
右A81
左C60

足して2で÷=B70~B71

とこんな感じ

これなら右の打率が高い山田が雄平より低いのも比率による誤差で説明が付くし、
左はたかが.008の差でミートが9も違うのにもなんとなく納得がいく。

とはいえ山田のミートが低いと思うことにはなった。

この線で右左の数字を見て足して2で割ってアバウトに決めようと思った。

が阪神ゴメスと上本の数字を見て手が止まる。
(細かい数字は省略)

上本
元.276
右.272(D57)
左.287(C64)

ゴメス
元.283
右.283(D57)
左.284(D58)

・・・・?
上本のミートがなんでこんな高いんだ?
どう転んでも上本の方がミート高いじゃん?
両者規定達成はしている、試合数は確かにゴメス143、上本131試合と上本が少ない。
打席差16、打数差22はある・・・

だけどこんなの誤差の範囲。上本がこの足りない16打席連続ヒット打ったらなんて妄想でもしているのか・・・
あとはチャンスの差だけど特殊能力考慮でミート決めなんてかなり至難の業(キリない)

いったん現役から離れ、再現年度も書いてあるタイムスリップカードの査定に移行したが・・・

2003小笠原
元.360
右.347(A85)
左.347(C69)

え?

2003小笠原
得点圏打率.442

チャンス△1

え?(補足プロスピは△1~3は+能力▽1~3は-能力)
この打率あってチャンスが1しか+じゃないと・・・

結論
査定が単純にクソなんじゃ・・・・


ということで自分で基準作るべきかもしれない

遠い昔資料もないようなOBならまだしも現役や現役の全盛期すら査定が雑なような気がしてきた。
スポンサーサイト

2015/06/12 17:29|日記TB:0CM:6

コメント:

お?ありがたい

adio #-|2015/06/19(金) 13:37 [ 編集 ]


ヌルデータが復活しましたね
査定好きには朗報です
yapana #-|2015/06/18(木) 23:11 [ 編集 ]


一概に元の打率より得点圏が高いか否かにしてしまうと確かに合わない選手もいます。

例は横浜ローズやミスターとかは数字で測るより勝負強さ、という印象で査定した方がいいとは思います。

そういう面でイメージ査定の存在、得点圏以外のチャンスとしての査定は理解します。

ですがこれにも限界があるかと、小笠原に限らず、
プロスピ2011の落合博満の査定を見て
(当時はチャンス二段階?)

チャンス△1出してるところを見ると本当に勝負強さ!!という印象査定でやっているのかは疑わしいものがあります。

現役では筒香、畠山が簡単にチャンス△3を出しているだけに。
adio #-|2015/06/14(日) 13:10 [ 編集 ]


得点圏打率の高さと勝負強さはちょっと意味合いが違う。
コナミがいうイメージ査定ってのはそういうことじゃないかな。
OB査定ヲタ #-|2015/06/14(日) 09:48 [ 編集 ]

Re:
全てに基準を置くことは不可能ですし、基準を作ればなんでもいいと言うのは恐らく間違いでしょう。

ですが
なんといえばいいのでしょうかね。

恐らくここは査定の根底の違いでしょう。

adioはまだまだ自分の査定として堂々としているというより基準で他人に見せる査定をしているという感じです 。

この辺は秋のオフ会ですかね。

中華街で候補は見つけてありますので、日程が決まり次第メールにてご連絡頂ければと思います。
adio #w2YPfsyE|2015/06/13(土) 00:33 [ 編集 ]


そこまで数字に拘る必要はないと思う。
雑だなーぐらいでちょうどいい。
基準作成もほどほどにしないとしんどいだけ。
OB査定ヲタ #-|2015/06/12(金) 23:13 [ 編集 ]


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック:
トラックバック URL
http://adio29.blog.fc2.com/tb.php/3122-56238868

Copyright(C) 2006 青の血の進化SA All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.