パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!


プロフィール

adio

Author:adio
パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!

青の血2


リスト



リンク


検索フォーム


カテゴリー


最新コメント


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
9位
アクセスランキングを見る>>


↑押すと喜ぶはず・・・

人気サイトランキングへ


カウンター


あと半年以上何やるんだろう…

先日実家に帰省していた親父が帰ってきた。

adioは京にいる父型祖母とは10年近く会ってはいないがこのご時世Skypeがありビデオ通話もなんのその。

便利な時代になったもんだ

はい
おはようさん、adioです。

昼寝してましたとも。

なんかさっきテレビ付けたら大河ドラマの再放送やっとりました。

4話くらいまでちゃんと見てたんだけどな…

まぁ噂はね聞いてますよ。

最低視聴率を更新。
年間平均視聴率で記録越えなるか?

みたいなお話。

でadio的にはどうなの?という話だけど。

世間様と一緒ですよ。
見る気がしなくなったといいましょうか…

あくまでフィクションですので、実際はこんなこと無かったとか言い出しゃキリねぇんですが…

まぁ言わなくても分かるよね?言う必要もないレベルだと思う。

テレビ付けて誰か出てきたと思えば大老井伊直弼のテロップ、外は雪、室内に雛人形、あっ...(察し)

思わず合掌しました。

んで肝心の桜田門外の描写はというと特に無く銃声と解説のみ。

せめて籠さされるくらいは見せてやれよ…

坂本龍馬が登場するも久坂より主人公の方が長く話しをしているとか…
(しかも坂本龍馬演じてるのが新選組の時坂本龍馬を斬った人だし…いいのか?そういうの)

龍馬伝の方が数百倍マシだった…
あれですら嫌ってはいたのに…

龍馬がこうしてる。
その頃岩崎弥太郎はって感じで、どちらを見ても歴史の絵にはなったよ。
(岩崎弥太郎主体だったから過度に龍馬に接したり中岡の出番が少なかったり岡田以蔵に恐みが無かったのが残念だったが。
それを言ったら新選組だって近藤を美化しすぎて坂本龍馬とよく接したとか言えるけど、土方を中心に他が適役だったからあれは好き。)

でも今回の大河
激動の幕末
その頃主人公ふみは…

これな絵になるわけがない。

仮に野球だとすると

激闘の日本シリーズ
その頃屋外のグッズショップ店員Bは…

誰が見たいねん、そんな物語。


航海遠略策とかオモロイ話になったと思えば

女性サイドの描写がいらぬ…

無理やり話に介入するわ
死ぬのは良くない的風潮だ…

次回とか
サブタイトルが

「女たち、手を組む」

もぅ…ねぇ…

これどこまでやるんだろ。

ぶっちゃけ松陰の妹だから松陰が亡き後もう価値がなくなるし、久坂の妻にはなるけどその久坂は蛤御門で…

ってなると本当にいらない子になるんだよね…

adioは昨年萩に行きました、大河ドラマで博物館の特別展示が汚染されないうちにと思ったからです…

うん大正解というか…

この視聴率の大河に影響されて萩に来たとなると幕末好きとしては恥である。

松下村塾に行くもの多くとも、ほとんどの人が松陰先生の墓までは行かず。

二股口の戦いで戦士した駒井政五郎の墓に関しちゃ蜘蛛の巣までかかってた。

あの有り様みちゃ尚更ね。

ちゃんとあの場所の価値を理解して、弔う気持ちで見る人はいないのかと嘆いたものだ…

この大河から幕末に興味を持つことは大いに結構、けど影響されこれが本当だと思うことだけは…

女を中心に幕末は描くもんじゃないね…うん

まぁ京都の人が一番分かるんじゃない?

幕末物じゃなんども舞台にされるんだから、人が来てる来てないは分かるでしょ…

そういえば御所の方には言ったことがないな…

まぁ確かあれ中は普段一般公開されないはずなんだけど

鷹司邸跡とか見てないな…

京都で行きたいとすれば後はそこか戒光寺かな…

戒光寺な…

事前申し込みしなきゃいけないから少し面倒ではあるのですがね…

あそこの対応は当然であったのであろう…

あぁいう輩が一番タチ悪い。
スポンサーサイト

2015/05/09 16:25|日記TB:0CM:0

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック:
トラックバック URL
http://adio29.blog.fc2.com/tb.php/3090-eb67b66d

Copyright(C) 2006 青の血の進化SA All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.