パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!


プロフィール

adio

Author:adio
パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!

青の血2


リスト



リンク


検索フォーム


カテゴリー


最新コメント


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
40位
アクセスランキングを見る>>


↑押すと喜ぶはず・・・

人気サイトランキングへ


カウンター


これだから夢を見るだけの人は嫌いなんだ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150209-00000009-wordleaf-soci

KHANのブログみて思い出したよ、俺もニュースで見た。

山梨がどうやら田舎暮らしで住みたい県ナンバーワンだとさ。

笑わせるな

これだから○○したいと現実をみない輩はダメなんだ。

どうせ富士山が見える、いつでも行ける富士急、フルーツがとかいう安直な理由だろ、
じゃあ伺おう都会人、君らは週いくつスカイツリーを見に行って中華街に訪れている。
答えは年回あるかないかに決まってる。

田舎は逆に浅草や新宿のビル(住むではなく、見るだけでもいいと)あこがれているが
都市の人間がそんなものに価値を覚えていない。

近いものこそその価値に気付かず、遠くにあると欲しくなるのが人間だ。

届いてしまってはその価値を感じなくなる、
その価値を無くして尚住みたいと思える理由が無ければならない。

それが現実的に住みたいことを考える前提だ。

田舎で農林水産業を営みたいならそいつはこんなアンケートに答えず、場所を選ばず住んでる。

だいたいなこのアンケートはどうなってる北海道とか沖縄が存在しない、
さらに言えば身近な田舎ではいかんのか?
都内なら奥多摩、埼玉の秩父、神奈川の箱根とか足柄郡、近隣に田舎が存在しないとでも思っているのか?
100%都会なんて県は存在しない。

さてさてKHANがある程度は言ってるが住んだことのある山梨は絶対推奨しない。

まずな?気候だよ、0℃で極寒だとか騒ぐ東京・神奈川の人間があそこに住んでみろ
寒いでは済まされない。

盆地の気候はまず冬に基本-、夏は40℃付近、しかも蒸し暑い、
それも八ヶ岳おろしとかいう風があってだな・・・
気温以上に体感温度が低い(冬)、高い(夏)。

山梨じゃ母親の手はひび割れ起こしてた、病院に行っても治らなかった、
ところがこっちに戻ってきて一切のひび割れを起こさなくなった。

つまり体が合わない人もいる。

自分が寒い地域でどれだけ耐えれるかを考えてから田舎暮らしを考えるべき。
現実的な夢ではない、そんなにフルーツ食いたきゃこのご時世お取り寄せが出来るんだ。

そう考えると岡山はまだ気候じゃいい線じゃないか?

ちなみに山梨の交通マナーはホント酷い

あの県じゃ歩行者という概念がないらしい、歩行者=障害物
車が譲るなんてとんでもない、歩行者は車の前に突如現れるたぬきの如く扱われる。
左右確認、巻き込み確認なんてしないくせに歩行者が出てきて危ないなクソが!!扱い。
冗談じゃない、ウィンカー出さない、右折優先の県が・・・

さて田舎ね・・・

イメージとして九州、四国、和歌山辺りは嫌だ、大型台風がモロに直撃する。
※adioは和歌山の那智で大型台風を喰らいトラウマになってます。

じゃあadioはどこならいい?

愛知だな、半島部に住みたい、伊良湖岬はなかなかよかった。
もちろん海岸に近すぎると危険だから居住地は少し離すけど。
もしくは神奈川で三浦半島辺りか。

都市部に近い田舎を求む。

スポンサーサイト

2015/02/15 11:58|日記TB:0CM:1

コメント:

確かに天気とかは一理ある 広島はたまに災害来るね
瀬戸内地方は暖かいのかもね 最近つくづく思う
まあでも少し北に行けば寒いからなんとも
岡山のことはすっごい詳しいわけじゃないけど
ただ正直広島岡山とか方言の人かなり多いし、お世辞にもモラルが高い地域とは言えないでしょ
田舎の人間相手だから都会慣れしてる人は少し慣れるのに時間かかるかと思う
まあアウトドア好きなら色んなとこあると思うけどね
鯉心 #-|2015/02/16(月) 22:40 [ 編集 ]


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック:
トラックバック URL
http://adio29.blog.fc2.com/tb.php/3009-684e581b

Copyright(C) 2006 青の血の進化SA All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.