パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!


プロフィール

adio

Author:adio
パワポケ12、14の実在選手、OBのパスワードを大量公開!!

あおのちばなー


リスト



リンク


検索フォーム


カテゴリー


最新コメント


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
16位
アクセスランキングを見る>>


↑押すと喜ぶはず・・・

人気サイトランキングへ


カウンター


おりるヤツと残るヤツそれだけだ


オフ会が終わった。
例えて時速300kの世界。
査定に勝者はいない…ただ己の理論を語るのみ…

終わった後はもはやフルマラソン走ったかのように疲れた、あれ以降は体力が持たなかった…

今回の参加者は
ともぴーさん
カメハさん
adio
中野DC君
というメンツ。

ことは数年前から複数人での査定のオフ会をしたいと、adio、ともぴーさん間で言ってたのがきっかけ。

adioは昨年ともぴーさんと話をしていた時、こんな話をされたことがある。

「adioさんだからこそ、こういう(査定感覚)話が出来るんですよ?」

adioにはこれがいったい何のことだか、理解出来ていなかった…正確なところは正直今でも実感がない…

査定なんて誰でも出来る、adioだからとかそういうのではないはず…

そう思っていた。
今回それがどういう意味か分かった。

当初adioはそれぞ野球はパワプロは分かるけど査定?な人も含めて人を増やして、色々な査定職人を見て吸収してくれたら、査定がもっと広がるなんて考えていたが甘かった。

結論から言えばその目論みは成功した、がギャラリーサイドに中野DC君置いてしまったのです。

彼の野球に対する知識、熱心な阪神ファンであるし、ウチのサイト見て色々基準を作っていたのも知っていた…が、彼を持ってしてでも査定という世界での会話はadioの思ってた以上に深い世界だった。

ある種申し訳ないと思った。
査定ということを語るのはこんなにも難しいのかと感じた瞬間であった。

つまり会話の殆どは残る3人で構成されていたというのが嘘偽りなくこの会を語る状況である。

恐らくだが三次会まで構成されている。

というのもadioは二次会で降りたのだ。

この二次会は簡単に説明すればadioが最高速度に加速いや、暴走したのだ…

そりゃパワーについて熱く語り続けた結果20分間adioの独壇上…
えぇと……大丈夫だったのでしょうか。

結果エンジンブロー…体力が0に(元々深夜帯に弱いこともあり解散)、恐らくカメハさんと、ともぴーさんによる三次会があったのでは?と予想している。

さてこんな前座でもない前座でひと記事が終わる









スポンサーサイト

2017/10/10 08:34|日記TB:0CM:0
Copyright(C) 2006 青の血の進化_∞ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.